Google

サイト内で検索  WEB全体から検索
小 中 大 文字のサイズ
Home > 会員のみなさまへ > 専門医・指導士認定委員会
専門医・指導士認定委員会
認定委員会メンバー
  委員長 斎藤 英胤 (慶應義塾大学大学院薬学研究科薬物治療学 教授)
 委 員 赤澤 純代 (金沢医科大学総合内科学 准教授
 金沢医科大学集学的医療部総合診療センター 副センター長)
  松崎 靖司 (東京医科大学茨城医療センター消化器内科 教授)
  米井 嘉一 (同志社大学大学院アンチエイジングリサーチセンター 教授)
  井手 久満 (獨協医科大学越谷病院泌尿器科 准教授)
  植木浩二郎 (国立国際医療研究センター糖尿病研究センター長)
  澤登 雅一 (三番町ごきげんクリニック院長)
  清水 孝彦 (千葉大学大学院先進加齢医学講座教授)
  新村 健 (兵庫医科大学総合診療科教授)
  高松 潔 (東京歯科大学市川総合病院産婦人科教授)

認定制度について
  日本抗加齢医学専門医・指導士認定制度では、抗加齢医学の普及のために、医師ならびにその周辺領域の専門家(看護師、栄養士、薬剤師ほか)に本学会の認定したカリキュラムにて抗加齢医学を学んで頂き、本学会において試験を実施し、抗加齢医学専門医・指導士を認定することを目的としています。
認定された専門医・指導士には、様々な優遇を受けられるように現在検討しています。

認定医療施設制度について
  日本抗加齢医学会では、2007年1月より抗加齢医療の促進ならびに普及のため、 『認定医療施設制度』を設置し認定することとなりました。
この制度は、本年より誕生の日本抗加齢医学会専門医・指導士が世界一の長寿国日本において、その資格 を十分に活かし、今後の抗加齢医学の診療ならびに普及を国民に促進 するために貢献するものと期待しております。
認定医療施設制度詳細

▲PAGE TOP