Google

サイト内で検索  WEB全体から検索
小 中 大 文字のサイズ
お知らせ 総務委員会 将来構想委員会 専門医・指導士認定委員会 広報委員会 国際委員会 編集委員会 臨床研究促進委員会 連携・渉外委員会 倫理委員会 利益相反委員会 国際ジャーナル委員会 学術委員会 選挙制度委員会

各種手続について


他学会情報 人材募集案内 研究助成募集
Home > 会員のみなさまへ > 利益相反委員会
利益相反委員会

利益相反委員会メンバー

委員長
大慈弥 裕之 (福岡大学医学部形成外科学教授)
委 員 楠本 健司 (関西医科大学形成外科 教授)
松崎 靖司 (東東京医科大学茨城医療センター内科(消化器) 教授)
柳瀬 敏彦 (福岡大学医学部内分泌糖尿病内科 教授)
岡見 節子 (弁護士)

一般社団法人日本抗加齢医学会 利益相反委員会規則

(名称)
第1条
この委員会は、日本抗加齢医学会利益相反委員会(以下「委員会」という)という。

(運用)
第2条
委員会は、一般社団法人日本抗加齢医学会(以下「本学会」という)委員会規則に定められたことのほかは、この規則によって運営する。

(目的)
第3条
委員会は、本学会における利益相反に関する業務を所轄し、抗加齢医学及び抗加齢医療の進歩に貢献することを目的とする。

(業務)
第4条
委員会は、前条の目的を達成するために次の業務を行う。
  1. 抗加齢医学及び抗加齢医療における利益相反に関する調査及び研究
  2. 前号の調査及び研究に基づく抗加齢医学及び抗加齢医療における利益相反の適正な管理に関する総合的な方策の立案と実施
  3. その他前条の目的を達成するために必要な事項

(構成等)
第5条
  1. 委員会は、委員長及び委員をもって構成する。
  2. 委員長は、原則として理事の中から、理事会の議決を得て、理事長が委嘱する。
  3. 委員は、会員若干名及び医学以外の外部有識者、法律の専門家、一般の立場などの外部委員1名以上とし、理事会の議決を得て、理事長が委嘱する。
  4. 委員長は、委員会を代表し、委員会の業務を統括する。
  5. 委員長は、委員の中から、指名によって副委員長を委嘱することができる。
  6. 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は欠けたときは、その職務を代行する。

(作業部会)
第6条
委員会は、その任務を分担するために、必要に応じて、作業部会を置くこととする。

(改訂)
第7条
本規則の改訂は、委員会で審議し、理事会が承認する。

附則  本規則は、平成26年6月5日から施行する。