2020年度褒章制度受賞者のお知らせ

褒章委員会は、各賞の応募について厳正なる審査を行い、2020年度受賞者を下記の通り決定いたしましたので、ここに公表致します。
受賞者には第22回日本抗加齢医学会総会において受賞記念講演を行っていただきます。
功労賞受賞者には、第21回日本抗加齢医学会総会にて授賞式を執り行いました。

2021年6月24日
褒章委員会
委員長 井上 浩義

抗加齢医学功労賞 2名

市橋 正光 Ichihashi Masamitsu
アーツ銀座クリニック 院長

 

田平 武 Tabira Takeshi
順天堂大学大学院認知症診断予防治療学 客員教授

 
日本抗加齢医学会学会賞 2名

植木 浩二郎 Ueki Kojiro
国立国際医療研究センター研究所 糖尿病研究センター長
インスリン作用の分子メカニズム解明による糖尿病・加齢関連疾患治療法の開発

 

山岸 昌一 Yamagishi Shoichi
昭和大学医学部内科学講座糖尿病代謝内分泌内科学部門 教授
終末糖化産物(AGEs; advanced glycation end products)とその受容体RAGE(receptor for AGEs)を標的とした心血管代謝老年病に対する包括的な治療法の開発と抗加齢医療の実践

 
研究奨励賞 2名

青井 渉 Aoi Wataru
京都府立大学大学院生命環境科学研究科 准教授
生活習慣病予防における骨格筋の分泌・代謝機能に関する研究

 

足立 哲也 Adachi Tetsuya
京都府立医科大学大学院医学研究科歯科口腔科学 助教(併任)/
京都府立心身障害者福祉センター附属リハビリテーション病院 歯科医長
生体アパタイトの配向性を制御する多孔性ナノゲル架橋ハイブリッドゲルを用いた新規骨再生療法の開発

 
若手研究者賞 5名

高杉 征樹 Takasugi Masaki
大阪市立大学医学研究科病態生理学 助教
超長寿齧歯類“ハダカデバネズミ”の研究から見えた細胞外マトリックス関連因子による新規ストレス応答制御機構

 

竹下 ひかり Takeshita Hikari
大阪大学大学院医学系研究科老年総合内科学 特任研究員
レニン-アンジオテンシン系、ACE2が司る抗老化制御機構の解明

 

菱川 彰人 Hishikawa Akihito
慶應義塾大学医学部内科学教室腎臓分泌代謝内科 助教
ポドサイトにおけるKAT5発現低下はDNA修復不全およびDNAメチル化変化を惹起する

 

矢津 啓之 Yazu Hiroyuki
慶應義塾大学医学部眼科学教室 助教/
鶴見大学歯学部眼科学教室 講師
日常の眼科診療にIoTデバイスを用いたイノベーションの研究

 

吉田 翔太 Yoshida Shota
大阪大学大学院医学系研究科老年総合内科 医員
老化細胞の除去を目的とした抗老化ワクチンおよび抗体の開発

 
メディカルスタッフ賞

応募なし

※各賞の受賞者は五十音順、氏名・所属先・研究題目を掲載しております。

以上


日本抗加齢医学会 (c) 2017- Japanese Society of Anti-Aing Medicine. All Rights Reserved.