褒章委員会 規則及び運用要項


日本抗加齢医学会学会賞

日本抗加齢医学会学会賞は、抗加齢医学に関する研究が独創的、先導的であり、抗加齢医学の歩と発展に貢献した業績が著しく大きく、世界的にも認められた会員に贈呈するものとする。
受賞者数は、2 名以内とする。ただし、選考時点で理事、監事経験者は対象としない。
受賞者には、副賞盾、賞状、及び賞金 100万円(税別)を贈呈する。
受賞者は、学術総会において表彰し、受賞記念講演をする。

研究奨励賞

研究奨励賞は、抗加齢医学に関する研究あるいは抗加齢医学に関する技術が独創的であり、将来を期待させる研究者で受賞の年の4月1日現在で満45歳以下の会員に贈呈します。
受賞者数は、10名以内とします。ただし、選考時点で理事、監事経験者は対象としません。
受賞者には、副賞盾、賞状及び賞金15万円(税別)を贈呈します。
受賞者は、学術総会において表彰し、受賞記念講演を行っていただきます。

抗加齢医学功労賞

抗加齢医学功労賞は、長年にわたる抗加齢医学の発展に功績があった会員に贈呈する。
受賞者数は、若干名とする。
受賞者には、副賞盾、賞状及び記念品を贈呈する。
受賞者は、学術総会において表彰する。

若手研究者賞 Young Researcher Award

若手研究者賞は、抗加齢医学に関わる研究あるいは臨床に精力的に取り組んでおり、将来を期待される者で、受賞の年の4月1日現在35歳以下の大学院生も含む会員に贈呈する。
受賞者数は、5名以内とする。
受賞者には、副賞盾、賞状及び賞金10万円(税別)を贈呈する。
受賞者は、学術総会において表彰する。

メディカルスタッフ賞 Medical Staff Award

メディカルスタッフ賞は、抗加齢医学に関わる研究あるいは臨床に精力的に取り組んでいる個人あるいはチームのメディカルスタッフ職の会員に贈呈するものとする。
受賞者数は、5名以内とする。
受賞者には、副賞盾、賞状及び賞金10万円(税別)を贈呈する。
受賞者は、学術総会において表彰する。

候補者の応募方法

会員は毎年 1 名の推薦をすることができる。
推薦および自薦に際しては次の推薦書類を提出する。
(1)推薦書あるいは自薦書(A4版用紙1枚) (2)業績文献(主要論文) を併せて作成する。
※抗加齢医学功労賞は、推薦書類のみ提出してください。

日本抗加齢医学会学会賞、研究奨励賞、若手研究者賞、メディカルスタッフ賞の応募者は、推薦書類のほかに以下の指定用紙を提出する。
(1) 所定用紙履歴書
(2) 研究または技術、臨床の課題名と研究または技術、臨床の内容
(3) 発表業績リスト
2 抗加齢医学功労賞は、第7条第3項の推薦書類のみとする。

授賞式及び受賞講演
  2021年6月25日(金)〜27日(日)第21回日本抗加齢医学会総会会期中を予定します。

選考
  褒章委員会により厳正な審査を行い、理事会に報告し、承認を得て決定します。

受賞者名の公表
  決定後、学会誌、学会ホームページにより公表します。

申請締切り
  2020年度に関しては、2021年2月28日【2021年3月26日まで延長】までに必要な書類を褒賞委員会まで提出してください。

所定用紙のダウンロード
  所定用紙はこちらからダウンロードできます。ダウンロードした申請書に入力後、プリントし、指定部数をメール添付または郵送してください。

送付先
  日本抗加齢医学会褒章委員会 宛
  郵送の場合  〒103-0024東京都中央区日本橋小舟町6-3 日本橋山大ビル4F
  メールの場合 award@anti-aging.gr.jp
   ※メールのでの送付場合も、論文の別刷り5セットは別途郵送してください。
   送付後、1週間たっても受領の連絡がない場合は、事務局に確認の電話をお願いします。
   TEL 03-5651-7500

申請上ならびに記載上の注意点

履歴書・研究課題名と研究内容・業績リスト・推薦書は、必ず学会所定用紙を利用し、パソコンにて作成してください。項目のすべてご記載ください。
履歴書・研究課題名と研究内容・業績リスト・推薦書はオリジナル1部、研究課題論文(5編以内)とその他代表論文(3編以内)の別刷りは、5セットご提出ください。

応募フォーム

所定用紙はこちらからダウンロードできます。ダウンロードした申請書に入力後、プリントし、指定部数を郵送してください。

履歴書
推薦書
(自薦、他薦)
研究課題と
研究内容
業績リスト





日本抗加齢医学会 (c) 2017- Japanese Society of Anti-Aing Medicine. All Rights Reserved.